2006年08月11日

スペイン紀行1(8月1日)

 8月1日からスペイン旅行をしてきたのだ。とりあえず、その間の記録を後付けで書いておく。
 8月1日朝8時45分発の関西空港行きに乗ることにした。車をいつもの駐車場に預ける。10日までだ、と言うとおばちゃんが「そうだねぇ、いつも使ってもらってるし、いくらおまけしようかねぇ」と言い、JALのカウンターにいくと「これはANAですな」と言う。確かにANAであった。JAL/AIR FRANCEで行くのでてっきり関空までもJALかと思ったら、午前中はJALがなくてANAとなった次第。
 そういうわけでANAのカウンターに行って手続きをする。航空会社が違うから関空でいったん荷物を受け取り、再び手続きの時に預け直さなくてはいけないと言う。そういうことか、と荷物を預けに行く。そしたらそこで「国際線の手続きはどうしますか?」と聞かれる。「はあ?」である。そっちが荷物の手続きは関空でやり直せと言ったんじゃないか。しかし、のじくらいの娘なので赦してしまう。
 よしよしは「チケットをカバンに入れろ」とか「手に持つな」とか、どうでもいいことというか余計なお世話を次々大声で言いつけてくる。どうも興奮状態でテンションがあがっているようだ。

甘鯛を見損なうなよ甘鯛の身のやはらかさ君とおんなじ

甘鯛は皮のはうから焼いていくさういうことは守らなならぬ



 定刻通りに関空に着く。荷物の受け取りも予想以上にスムーズにいく。しばらく待ち、10時40分頃に東京から「たらこ」と「はんの」義姉が到着。んで、チェックインするが席はバラバラとなる。関西空港は関西の空港なので関西弁が公用語のようであった。
kankuu.JPG

看板に「持ち込めまへん」と書いてある国際ならぬ関西空港

 関空発12時。長旅である。12時間のフライトである。映画「タッチ」を2回見た。日本時間14時頃に食事、日本時間22時頃に食事。その間にうどんでスカイがでたのはうれしかった。シャルル・ド・ゴール空港に着いたのは日本時間24時ころ。現地時間では17時くらい。空港内のBARでビールを飲む。時計は7時くらいを指していたが空は真昼のように青々としていた。河岸を変えてHIPPO、つまり河馬という店に入りまた呑む。時差のせいか徹夜で呑んでるみたいな感じになる。空はまだ明るい。

夜九時の青青とした巴里の空麦酒の味が罪深くあり

 9時過ぎにAIR EUROPEのマラガ行きに搭乗する。並んで席を確保したはずなのによしよしの席が搭乗の際に変更となる。それが10Cという席だ。力関係で僕がそこに座ることになる。ところがその席には小さな女の子が座っている。ダブルブッキングかと焦るが、その母親らしきアラブ系の女性はなにやらいろいろ言う。アテンダントが説明してどけるように言うが納得しない。彼女らは家族連れで10Cの席はない。ただ家族連れなので座りたいということらしい。結局僕が10Bに移っておさまる。なんかヘン。ところで窓側の10Aに座った女性がまたうるさい。後方にいる身内のほうに何かと声をかけ、さらに独り言を言い、ともかくうるさい。必死で眠り、苦痛な時間を凌いだ。

賑やかなマラガ便なり欧州の地方文化を皮膚に感じつ

 マラガで荷物を待っていたが、出て来ない。絶望的になってきたところで、いぜん「のじ」が同じようなことがあってロストバゲッジのところにあったという話を思い出した。「たらこ」が走ると別室のほうにあった。何なんだろう。ようやく、出るとマヌくんとのじが待っている。タクシーでHOTEL SILKENにチェックインする。かなり素敵なホテルだ。
silken.JPG

 マヌのママが差し入れてくれた黄桃をいただき、まずは寝る。ここはスペインだ。

黄桃の濃き味わいに此の国の情の厚さを期待しにけり

posted by 河東真也 at 00:01| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22195422

この記事へのトラックバック