2006年08月28日

映画を見た

 26日はよしよしとまずはK市の香亭(シャンテイ)に焼きそばを食べに行った。よしよしが焼き目を就けた焼きそばを食べたいというので、思いついたのが、ここの焼きそばと中洲のええと何てったっけか、皿うどんの店だ。この日の予定からすれば、香亭がいい。しかもしばらく行ってないし。ここの柔らかい焼きそばはいったん油通しをしたあと、焼き目をつけて、海鮮系のあんをかけてある。相当なボリュームであり、僕はなおかつ大盛りを頼んだので夜中まで満腹であった。場所は花見の交差点である。値段も840円と以前から変わっていない。昔は高いかなと思ったが、今なら手頃だと思う。
 おなかが満たされたところでトリヤス久山へ行き、TOHOシネマでとりあえずパイレーツオブカリビアンを見た。スペイン語ではピラーテデカリベ。スペインでもバンバン宣伝してた。まあ、以前のものよりCGとか、特殊メイクには凝っていた。娯楽作品なのでとりあえずOK。ジョニー・デップで魅せる映画だ。
 夕食はトリヤスの中の村さ来で。昼食の大盛りの分食欲なし。ビールを呑んだよしよしは食欲増したとか言って、カロリーを過剰供給していた。
 そして夜はユナイテッド93を見る。あの9.11テロの時に一機だけ目標に到達しなかったのがユナイテッド93便。それをドキュメンタリータッチで描いたものだ。管制官なんか当人が当人役で出ている。主役の誰それというのもないし、実際の乗客の家族との交信みたいなものだけを頼りに作ったと言われている。その意味で不気味な迫力のある映画だ。管制官の中にいつもまん中にいて特に何もしない日系人ぽい人物が最後まで気になった。そのくらいストーリーなんか無視したリアリティがすげぇ。見終わった後、お互いに何も言う言葉が出なかった。そういう映画だ。必見かも。ハイジャックをしようとしている人も、ハイジャックはゴメンだという言う人も、見た方がいいと思う。何を感ずるかはそれぞれだし。
posted by 河東真也 at 00:21| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 私生活の記録 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック