2005年11月06日

韓国料理

 教研集会が終わって、くたびれて帰った。カミさんもくたびれて帰ってきて晩飯を作るのが面倒だという。それでいつもの韓国料理を食べに行った。漢江(ハンガン)である。で、今日はいつもと趣向を変え、前回きたときにママがお勧めのナクチチョンゴルを頼んだ。
menunakuchi.JPG
ナクチは手長タコのこと。テナガダコと牛の頬肉の辛い鍋である。
nakuchichongole.JPG辛めで注文したが、ママさんは「辛さが足りないときはこれを入れて」と自家製の唐辛子調味料を瓶ごと持ってきた。そりゃあ、入れるわな。そしたら超辛いの。でも、また旨いのなんの。辛さで舌がしびれるようなこともなく、唇がひりひりいうこともない。ひたすら汗と鼻水が出て、これが辛いダシと合わさって微妙な味となる。食べ終わったらご飯を入れてチャーハンにする。焦げたところがまだめっちゃうまい。chaahaan.JPG
 店員の中年女性が、僕たちを見て「仲良しでいいですねぇ」と言う。この人はよほど不幸な家庭の持ち主なのだろうか。
 今朝は雨でお散歩できなかったので、漢江まで歩いて往復した。
posted by 河東真也 at 20:31| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私生活の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9036862

この記事へのトラックバック
ダイエットグラフ
 77.7kg(残り-7.7kg)