2005年11月12日

内緒でごろごろ

 今週も実は週末は白紙。木曜日の夜はヒューマンライツふくおか事務局会があって、その後深酒。で、寝不足のため金曜日(11日)はお散歩も休み。一日なすべきこともなさず、ひたすら大学執行部に対する悪口雑言をブログに書きまくっていた。12日の土曜日は僕だけお散歩。宗像高校のまん前に摩利支神社というのがある。大きな神社ではないが立ち寄ってみる。境内に「世界の人類が平和でありますように」という看板が出ていて、あのあちこちで見る標語の発信地は神社系なのか、と思ったが、調べてみると白光真宏会という宗教団体のキャンペーンのようだ。それがなぜ摩利支神社の境内にあるのかはよくわからない。
marishi.JPG
 この神社の参道の入り口に石碑が建てられていた。
monument.JPGmonument2.jpg
 何だろうと近寄ってみると「皇太子成婚記念」の碑であった。ここにも敬虔な皇室崇拝者がいたのだ。皇室崇拝と世界人類平和とが決して矛盾しないことを信じたいと思って、ここをあとにする。誤解のないように。僕が皇室崇拝をしているというのではなくて右翼=戦争好き、という一般化はできないのだな、ということだ。左翼にも戦争好きはいっぱいいる。
 しばらくメインストリートをはずれ裏道に入る。まさに通りの裏道であって、通りに向かって店舗があるならその裏側が丸見えなのだ。人間なら背中のほうから人を見るということか。
uramachi.JPG
 面白いもので、通りからは見えないので、まったく着飾っていない家々が見えるのだ。


posted by 河東真也 at 11:05| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 私生活の記録 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック